入れてはいけないもの

入れてはいけないもの

とっても便利な食器洗い機は主婦の力強い味方ですよね。
しかし、何でもかんでも放り込んでいいという訳ではありません。
食器洗い機は高温、高水圧で洗浄するため、洗うものの汚れや材質によっては向き不向きがあります。
きちんと表示をよく読んで入れてはいけないものを把握しておきましょう。

■ 熱に弱いもの ■
プラスチック製のコップや食器といった耐熱温度90度以下の低いものはアッと言う間に変形してしまいます。
また、金箔入り食器、銀食器、漆塗り、飾りなどがついている食器、クリスタルグラス、カットグラス、高価な陶器などは、食器洗い乾燥機に入れてはいけません。
繊細な造りのものは手洗いをしてください。

■ 変色してしまうもの ■
漆を使った食器、アルミ製・銅製・銀を使った食器も変色する可能性があるので要注意です。
包丁も、鋼のものはサビてしまう可能性があるので入れてはいけません。

■ 小さいものや軽いもの ■
口の小さいものは中まできちんと洗浄できません。
また、洗浄中に水の勢いに負けてしまい、飛ばされてしまいます。
機械の不良の原因につながるだけではなく、ヒーターカバーの上に落ちてしまうと発煙・コゲなどの危険性もあります。

■ 汚れのひどいもの ■
食器洗い機では落としにくい汚れもあります。
コゲつきやこびりついた汚れはなかなか落ちません。
あらかじめ洗い落としてから食器洗い機にセットしましょう。